適正な睡眠時間の見つけ方

睡眠サプリ

サイドメニューへ

自分に合った適正な睡眠時間を見つける

よく睡眠に関しては8時間前後の睡眠が最も健康的にも良いと言われています。しかし個人によって必要な睡眠時間というのは違いがあります。ある人は寝過ぎると体がダルくなって本調子にならない。ある人は8時間寝ても寝足りない…といったように大きな差があります。まず質の高い睡眠を得るには個人によって必要な睡眠時間が違うことを覚えておきましょう。

ですから、あの人はバリバリ働いていて、睡眠時間は7時間らしいから自分もそうしよう!なんて思わないこと。他人との睡眠時間の比較はまったく意味がありません。

自分にとって適正な睡眠時間を見つけるには就寝時間、起床時間の調整をして自分で見つけるしかありません。夜11時に寝て朝5時に起きると調子が良い人もいますし、深夜1時に寝て朝6時に起きるのが最適な人もいます。こればかりは個人差があるので自分で見つけるように毎日の睡眠時間を調整してみましょう。

簡単なコツとしては昼間眠くなる人は睡眠時間が足りていない可能性があります。また夜になっても眠くならない人は寝すぎなのかもしれません。このように自分の日中、夜の活動に合わせて睡眠時間の増減を調整してみるのが最初は良いです。1週間あれば最適な睡眠時間を見つけられるはずなので試してみてください。

最適な睡眠時間を計る目安としては起床時の調子で判断するのが良いでしょう。起床時に寝足りない。体のダルさがない。といった具合でどれが最適な睡眠時間かを計ることができます。

そして日頃の生活もそうです。
睡眠時間の調整をしても体の疲れが抜けない場合、バスタイムはシャワーだけにしていないか?など生活を見直すキッカケにもなります。

体の疲れを取るにはバスタイムはシャワーだけでなく浴槽に張った温かいお湯に浸かった方が体の代謝活性化、老廃物の除去などに役立ちます。芯から体もあたたまるので寝付きもよくなり体の疲れが取れる可能性だってあります。

まとめると個人によって適正な睡眠時間というのは違いがあり、よく言われる寝れば寝るほど良いといったものは存在しません。短眠の方が調子が良い人もいますのでまずは1週間を利用して自分に合った最適な睡眠時間を見つけてみましょう。

女性はホルモンバランスによって睡眠に影響が出る

女性の場合、最適な睡眠時間を見つけても急に眠気が出たり、夜になると寝れなくなるといった症状が出ます。これは専門家によると女性ホルモンの影響が大きいといった判断がされています。

女性の方なら経験がある方も多いと思います。
例えば生理前、生理中は十分な睡眠を取っているにもかかわらず、眠気が強くなる。急に熟睡できなくなるなど。

専門的な話をするとこのように生理前後では「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンの一種が活発的になります。通常時は基礎体温を上げる働きをするプロゲステロンですが、生理前後は睡眠の質に影響を与えるメラトニンが体内で分泌されても体温の低下が悪くなり睡眠が乱れてしまうことがあります。

ただ生理現象でもあるので普段はしっかりと睡眠ができており生理前後になる睡眠が乱れるといった方は特に気にする必要がありません。この時に神経質になり通常時の睡眠まで妨げてしまう影響もあるので生理前後の睡眠は自然に眠れるときに寝るなど気持ちに余裕を持って向き合うようにしましょう。

質の高い眠りを作る方法をチェック

睡眠の質を高める方法

MENU