寝る時のリラックス方法

睡眠サプリ

サイドメニューへ

質の高い睡眠を得るためのリラックス方法

寝付きを良くする方法として昔から行われているのが寝る前に決まったことをとり行う「入眠儀式」「睡眠儀式」といったものがあります。毎日寝る前に行うことで反射的にかつ、無意識の状態で寝る時間と脳に司令を送ります。いわばスムーズな睡眠に繋げるためのゲン担ぎのようなもの。

この良い例としてあげられるのが枕です。

枕が変わると寝付きが悪くなると感じる人は意外に多いはず。これも一種の入眠儀式です。普段使用しているものとは違うことが入眠儀式に反しているため寝付きが悪くなります。

ただ、この入眠儀式といったものは人によって方法は様々。上に挙げたように枕がそれに当たる人もいます。布団の中で本を読むこと。寝る前に日記を書く。お祈りをする。ストレッチ体操をする。などなど個人によって違ってきます。自分の気持ちを落ち着く行為を毎日寝る前の日課として取り入れると良いです。

この入眠儀式と行うとリラックスをすることができ、寝る準備を体に送ります。ですから環境も大切。寝付きが悪い。寝る前はパッとしないといった方はぜひ、入眠儀式を取り入れてみてください。ただ注意点としてはあまりに過度な不眠症状の方は逆に毎日行う日課が苦痛になりやすいです。入眠儀式を行っても眠れないと余計にストレスが溜まってしまうので過度な不眠症状の方はあまりこだわらずにしましょう。

不規則な食生活は不眠の第一歩

現代ではあまりの忙しさのため朝食を摂らないスタイルが多いです。ですが、この朝食を摂らないことで不眠や肥満体質に繋がることも少なくありません。一般的に言われている人間は1日の中で朝、昼、夜で3食食べます。これが実は生活のリズムを作っており体を快適に動かすためのリズムにもつながっています。

これが崩れると内臓リズムを崩すことにも繋がっていき、体内時計が乱れていきます。体はリズムがわからなくなるので不眠症状にも繋がりやすい傾向があります。

このように食生活が不規則な方で不眠症状がある場合、睡眠薬などに頼る前に食生活に気を配ってみましょう。多くの方は食生活と睡眠に関係はないと感じている人が多いかもしれませんが、非常に関係性が高いです。体の体内時計は3食規則正しく食事をすることで整い、睡眠時のリズムにも影響を与えるとされています。上手に合致すると毎日同じ時間に眠くなり、同じ時間に目が覚めるようになってきます。就寝時間がくると自然と眠くもなります。

そして、ただ食事を3食摂るのではなく、睡眠の質を高めるアミノ酸、鉄分を食事からしっかりと摂取したいものです。3食食べることは非常に大切ですが同等レベルで食事のバランス、栄養を考えることも大切になってきます。

もし食生活の改善が難しい場合、睡眠の質を高める成分を飲むだけで補給することができる睡眠・休息サプリメントを活用しましょう。アミノ酸やトリプトファンなど「ぐっすり」をサポートするための成分が豊富に含まれています。栄養もあるので不規則な食事の改善にも繋がっていきます。

質の高い眠りを作る方法をチェック

睡眠の質を高める方法

MENU