睡眠・休息サプリの飲み方

睡眠サプリ

サイドメニューへ

睡眠サプリメントの飲み方

サプリメントって基本的には健康食品になるので体への害はほとんどありません。しかし、中には用法や用量を守らずに摂取してしまう人が中にはいます。ここでは各メーカーが推奨するサプリメントの飲み方や1日の飲む量などを紹介していきます。

まずは飲む時間帯ですが、特に決まった時間に摂取するといったことはありません。自分の好きな時間で問題ないのですが、しっかりとグッスリ眠れている人は決まって夜飲んでいる人が多いそうです。なので睡眠サプリを活用して質の高い睡眠を確保するなら、夜の就寝、1時間~2時間前がお勧めの時間帯となります。

次に睡眠サプリを1日間隔で飲む人もいますが、実感を感じるまでは毎日飲むことをメーカーは推奨しています。それで慣れてきた場合には徐々に間隔をあけたりしてやめていくことが良いのではないでしょうか。睡眠サプリメントの場合は睡眠薬と違い、医師と相談する必要もありません。自分で調整できます。サプリメントがない状態で安心して寝れる自信がついた時が止め時となります。

サプリを飲む場合にどのメーカーも水やぬるま湯と飲まれることを推奨しています。間違ってもカフェイン入りのお茶やコーヒーと一緒に飲まないようにしましょう。カフェインには眠気を妨げる性質があるからです。

高齢者が休息サプリを飲んで大丈夫?

睡眠サプリは睡眠薬と違い、医薬品ではありません。健康食品の部類になりますので、高齢の方が飲んでも安全とされています。ただし配合されている成分が合わない方もいると思います。使う際は成分をチェックすることが大切です。もし心配な場合は医師に相談すると良いでしょう。

植物成分が主原料になっているので食物アレルギーなどがある方も注意が必要です。まずは配合されている成分が自分のアレルギーと一致するか確認することは大切となります。

日頃の食生活では摂取しにくい栄養素を補える観点からも睡眠・休息サプリメントは高齢者の方にメリットがあります。

各サプリメント、1日の摂取目安表

基本的には健康食品となるので摂取量の制限はされていませんが、メーカー推奨の量を摂ることが一番望ましい量になりますのでこちらに記載をさせて頂きます。

グッスミン酵母のちから

1日の摂取目安量は4粒になっています。メーカー側も1日の目安量は守って下さいと注意書きがあるので減らす分には良いですが、4粒以上の摂取は避けるようにしましょう。

潤睡ハーブ

1日の目安量は3粒~6粒を推奨しています。寝つきが悪い。寝れないといった症状が慢性化。長期間続いていた場合には安定するまで1日6粒が良いそうです。

ネムリス

ネムリスの目安量は1日6粒とされています。こちらは寝る前の30分~1時間前が最適な摂取する時間になっています。

これがナイト

1日2粒~4粒が目安とされています。それ以上摂取しても質の変化はないとのこと。潤睡ハーブと同じく、不眠が長期間続いていた場合には1日4粒を目安に摂取した方が働きが良いです。

ぐっすりんEX

目安量などの記載がありませんでした。また1袋20粒入りなので1日1粒でも1ヶ月分はないというのがネックですね。産学官と共同開発によって生まれたサプリメントなので実感力は申し分ないはずです。

月の休息

1日8粒が目安量。ちょっと飲む量が多いです。1回で8粒飲むことが辛い人は朝と夜の2回。もしくは朝、昼、夜の3回に分けて摂取することもできます。朝に摂取する場合は朝食を食べてから2時間後が推奨されています。

睡眠・休息サプリのよくある疑問を解決

睡眠サプリメントQ&A

MENU