睡眠サプリの副作用や依存性

睡眠サプリ

サイドメニューへ

睡眠サプリに副作用や依存性がないのは本当?

夜寝付けない方にとって、質の高い睡眠をサポートするサプリメントはすごく重宝するアイテムとなります。ここで心配なのが副作用や依存性ですよね。病院から処方される睡眠薬の場合は化学製品などが含まれており、長期間の服用では依存性が高まったり、やめたりすると再度、不眠症に襲われるといった報告もあったりします。

では睡眠サプリメントはどうなのでしょうか?

サプリメントに使われている原料は自然由来の植物から採取されたエキスを凝縮した形になっています。なので病院から処方されるような化学薬品は一切使われていません。確かに即効性といった面では睡眠薬に劣る可能性もありますが、薬に頼らずに安眠をしたい方々には非常に評価の高い商品となっています。 また睡眠サプリメントを医薬品と勘違いしている人もたまにいますが、健康食品になります。そのため用法や用量をしっかりと守り使う分には副作用や依存性が現れるものではありません。

中には持病があったり、生活習慣病にかかっている場合には摂取してはいけない成分などがあるかもしれませんのでそういった方は一度医師に相談することが大切となります。体は健康体の方であればまず心配は入りません。

睡眠薬と休息サプリメントの違い

不眠治療に処方されるのが睡眠薬です。睡眠薬のメリットは脳に直接、眠りの指令を出してグッスリと寝れることを前提に作られています。一昔前の場合は依存性があったり副作用の危険性も指摘されていましたが、現在では開発や研究が進み昔のような依存性などはないとされています。

しかし、飲み始めてからすぐに薬を飲むことをやめてしまうと離脱症状として寝れない不眠症状になったり使用を中止する時には医師と相談しながら徐々に量を減らしていくといったデリケートで面倒なデメリットも存在します。なかには古い睡眠薬を処方するケースもあるのでまだまだ【怖い・危険】といったイメージが払拭されていません。確かにしっかりと医師と相談しながら使う分には昔ほどの危険性はないと言えます。

ですが、使うにあたり条件もあり医師に使用ができないと言われれば、睡眠薬での治療はできません。そして睡眠薬は悪いイメージが強すぎて使うことが億劫になる人も大勢います。

その点、睡眠・休息サプリと呼ばれるものは植物由来成分を中心として開発されており、基本的には植物アレルギーがなければ万人に使うことができます。また眠りだけでなく朝の元気や健康にも働きかけてくれる成分を豊富に含んでいますので睡眠薬のように朝起きれなくなった…気だるさが抜けない…といった不快症状の心配をすることがありません。

愛用されている多くの方は薬の力に頼らず、不眠改善したい人が多いです。また睡眠薬では体に負担をきたしてしまう高齢者の方の愛用も目立っています。安心・安全性を優先する。または薬なしで克服したい!といった方に最適な眠りの質をサポートする食品として人気が高まっている健康食品です。

その他、睡眠薬と違うポイントとして、栄養補給ができる点も大きなメリットではないでしょうか。どうしても不眠が続くと食欲がなくなったりしてまともな栄養を補えない日々が続きます。健康不良、肌荒れなど不眠によって経験している人は少なくないはず。

でも、休息サプリメントなら睡眠の質を高めるサポート成分に加えて健康、美容サポートに優れた補助成分を配合しています。不眠による栄養不足を補う意味でも利用できるメリットは睡眠薬にはありません。

健康的な睡眠、体作りの観点からも睡眠薬にはないメリットを多く含んでいるのが休息サプリメントの特徴です。

睡眠・休息サプリのよくある疑問を解決

睡眠サプリメントQ&A

MENU