不規則者の睡眠の質を高める方法

睡眠サプリ

サイドメニューへ

不規則な生活者が睡眠の質を高める方法

現在は24時間稼働をしているスーパー、コンビニ、工場などが増えて交代制勤務も多くなっています。ある1週間は朝から仕事。次の1週間は夜からの勤務といったように生活が1週間ごとに不規則となり睡眠のリズムも崩れてしまう人が多いです。

通常であれば寝る時間に起きて働いていたりすれば、勤務時間のズレによって強い眠気や不眠に悩む可能性があります。睡眠のリズム障害なんて言われたりしますが、このような不規則な生活を強いられる人で不眠症などになりやすい人は特徴があります。

それは本来、朝型の人です。
夜型の人間に比べると睡眠のリズム変化に対応できずに不眠症状、胃腸障害が出やすい傾向があります。症状が現れるとストレスも感じてしまい不安症状、うつ状態になる人も少なくありません。

不規則な生活によって睡眠のリズムが崩れる方はできるだけ体への負担を少なくするために勤務時間の変更ができるなら日勤⇒夕勤⇒夜勤といったようなローテーションで仕事をこなしていく方が睡眠リズムがつきやすくなります。

人間は本来、24時間の体内リズムではなく25時間の体内リズムを持っておるとされており、睡眠リズムを前から後ろにずらす方が体の対応がしやすいとされています。また睡眠リズムの調整を行うためには昼休みで小休憩でも良いので簡単な仮眠を取ることも睡眠リズムを調整する対策となります。

時差ボケの原因と対策方法

時差ボケとは5時間以上、時差のある地域を飛行機などで移動した時に起こる現象です。体内リズムと現地時間のズレが生じるために起こります。時差ボケになると頭がボーッとする。判断が鈍くなる。イライラしてしまう。食欲がなくなるなどの症状が現れます。

医学的に人間の体が時差に対応できるのは1日1時間〜2時間程度の時差までと言われています。つまり日本と5時間以上の時差がある場合は体を慣らすために最低でも3日〜5日は現地に滞在してリズムを変えていく必要があります。

でも、小旅行であれば二泊三日や二泊四日など長く滞在をしないので現地時間に体を馴染ませることは難しいです。逆に時差ボケを即効的に治すのであれば早く現地入りして体を慣れさせることが一番の近道になります。

手軽な対策方法としては現地に入る前に機内、クルーザー等で十分な睡眠をとっておくこと。また日光を浴びることが体内時計はリセットされるので現地の朝時間に合わせるようにして旅行などの前は睡眠をとっておくと良いです。

日本に帰ってくる場合も日本時間の朝に合わせて機内等で睡眠をとっておきましょう。体が疲れているからといって帰ってきて中途半端に寝てしますと時差ボケを治るまでに時間を有してしまいます。現地初日、日本に帰ってきた当日はキツいかもしれませんが、時差ボケを解消するためには必要です。

質の高い眠りを作る方法をチェック

睡眠の質を高める方法

MENU